セガサミー、第2四半期のAM機器は営業益7億円と2四半期連続の黒字 UFOキャッチャーやプライズ好調、コスト削減寄与 新型コロナの不振から復調

セガサミーホールディングス<6460>の第2四半期のアミューズメント機器(AM機器)の営業利益は7億円となり、2四半期連続で黒字を達成したことを明らかにした。前年同期は3億円の赤字だった。また売上高については、前年同期比43.9%増の118億円と大きく回復した。

同社のアミューズメント機器は、新型コロナの感染拡大で顧客のアミューズメント施設が休業した影響で業績を悪化させていたが、復調傾向を鮮明にしてきた。プライズやUFOキャッチャーシリーズの販売好調に加え、固定費削減などの効果が出た、としている。

 

株式会社セガ
https://www.sega.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社セガ
設立
1960年6月
代表者
代表取締役会長CEO 里見 治紀/代表取締役社長COO 杉野 行雄
決算期
3月
直近業績
売上高1342億8500万円、営業利益183億7200万円、経常利益225億1700万円、最終利益256億2000万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
セガサミーホールディングス株式会社
http://www.segasammy.co.jp

会社情報

会社名
セガサミーホールディングス株式会社
設立
2004年10月
代表者
代表取締役会長 里見 治/代表取締役社長 グループCEO 里見 治紀
決算期
3月
直近業績
売上高2777億4800万円、営業利益65億5300万円、経常利益17億1500万円、最終利益12億7400万円(2018年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
6460
企業データを見る