バンナムHDの9月中間のIP別売上高、「ガンダム」10.5%増の502億円、「DB」2.8%減の612億円に 「ワンピース」「NARUTO」「アイカツ」も拡大

バンダイナムコホールディングス<7832>は、この日(11月9日)、2022年3月期の9月中間期(21年4~9月)のIP別売上高を開示し、「機動戦士ガンダム」のグループ全体の売上高が前年同期比10.5%増の502億円だったことを明らかにした。同社では、「機動戦士ガンダム」シリーズのプラモデルやコレクターズフィギュア、ロトなどのハイターゲット層(大人層)向けの商品が、デジタルを活用した販売・マーケティングや、海外における展開拡大により好調に推移した、としている。

売上規模が最も大きい「ドラゴンボール」については、同2.8%減の612億円だった。第1四半期は2桁のマイナスだったが、復調してきたようだ。また「ワンピース」が同8.5%増の216億円、「NARUTO」が同13.5%増の117億円、「仮面ライダー」が5.7%減の133億円、「アンパンマン」が10.5%増の42億円、「ウルトラマン」が71.1%増の65億円となった。このほか、「アイカツ」が倍増の13億円、「プリキュア」が6.0%減の31億円となった。

 

 【追記】
「機動戦士ガンダム」のIP別売上高を示したのが以下のグラフとなる。2020年1~3月以前では四半期で100億円台後半で推移していたが、2020年4~6月以降、コンスタントに200億円の売上を叩き出している。IPとして一段成長したことが伺える。

このほか、『ドラゴンボール』と『アイカツ』も掲載しておく。

株式会社バンダイナムコホールディングス
http://www.bandainamco.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコホールディングス
設立
2005年9月
代表者
代表取締役社長 川口 勝
決算期
3月
直近業績
売上高7409億0300万円、営業利益846億5400万円、経常利益876億1200万円、最終利益488億9400万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7832
企業データを見る