ソニーGの音楽分野のゲーム事業、第1四半期の売上高はYonY10.8%増の199億円と5四半期ぶりのプラスに 「モバイルゲーム」から再分類して変更


ソニーグループ<6758>は、この日(7月29日)、第1四半期の決算発表で、音楽分野のゲーム(gaming)売上高が前年同期比10.8%増の199億0400万円だったことを明らかにした。4四半期連続で前年比マイナスとなっていたが、5四半期ぶりのプラスとなった。

同社は、これまでモバイルゲームとしていたが、今回から再分類して「ゲーム」に変更したという。アニプレックスがモバイルゲームだけでなく、『鬼滅の刃 ヒノカミ血風』のようにコンソールゲームやPCゲームを扱うようになったためだろう。

ゲームの中心は、引き続き『Fate/Grand Order』が中心と見られるが、決算説明会及び決算説明資料においては特に言及はなかった。

 

ソニーグループ

会社情報

会社名
ソニーグループ
企業データを見る
株式会社アニプレックス
https://www.aniplex.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社アニプレックス
設立
1995年9月
代表者
岩上敦宏
決算期
3月
直近業績
・売上高:2062億2200万円(前の期比36.6%増)
・営業利益:534億5300万円(同81.9%増)
・経常利益:537億5100万円(同84.2%増)
・最終利益:369億3600万円(同100.5%増)
上場区分
未上場
企業データを見る