スクエニHD、9月中間決算は最終益71.7%増の394億円と大幅増益 円安で為替差益計上 海外スタジオと一部保有IPの売却益も押し上げ

スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>は、本日(11月7日)、第2四半期累計(22年4月~22年9月)の連結決算を発表し、売上高1633億9200万円(前年同期比3.3%減)、営業利益260億4400万円(同10.6%減)、経常利益451億3300万円(同43.4%増)、最終利益394億7300万円(同71.7%増)だった。

・売上高:1633億9200万円(同3.3%減)
・営業利益:260億4400万円(同10.6%減)
・経常利益:451億3300万円(同43.4%増)
・最終利益:394億7300万円(同71.7%増)

同社では、下期に新作を多く控えていることもあり、主力の家庭用ゲームとスマホゲームが減収となったことが響き減収・営業減益となったものの、為替の円安で為替差益201億4300万円発生したことなどにより、経常利益は大幅な増益となった。

また、海外スタジオと一部IPを売却したことで関係会社株式売却益が94億5500万円発生。同社は、グループ子会社が保有するCRYSTAL DYNAMICSとEIDOS INTERACTIVEのほか、「TOMB RAIDER」シリーズや「Deus Ex」シリーズ、「Thief」シリーズ、「Legacy of Kain」シリーズを売却した。

【追記】
四半期業績推移は以下のとおり。


セグメント別の状況は次のとおり。


○デジタルエンタテインメント事業
売上高は1171億5600万円(同9.5%減)となり、営業利益は245億9600万円(同16.6%減)となった。

HD(High-Definition:ハイディフィニション)ゲームにおいて、「ライブアライブ」、「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン」等の発売があったものの、「OUTRIDERS」、「NieR Replicant ver.1.22474487139...」を発売した前年と比較して、新作タイトルによる収益が減少したことにより、減収となった。

MMO(多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム)においては、「ファイナルファンタジーXIV」の月額課金会員数が増加したことにより、増収となった。

スマートデバイス・PCブラウザ等をプラットフォームとしたコンテンツにおいては、8月にサービスを開始した「鋼の錬金術師 MOBILE」が好調な滑り出しを切ったものの、既存タイトルの弱含みをカバーするには至らなかったため、減収となった。


○アミューズメント事業
売上高は258億5900万円(同22.7%増)となり、営業利益は25億4700万円(同289.9%増)となった。アミューズメント施設の既存店売上高が前年を大幅に上回ったことを受け、増収増益となった。


○出版事業
売上高は146億8600万円(同3.8%増)となり、営業利益は60億5200万円(同1.3%増)となった。「その着せ替え人形は恋をする」の大ヒットによりコミック単行本の売上が好調に推移し、デジタル販売及び紙媒体の販売が増加したことから、増収増益となった。


○ライツ・プロパティ等事業
売上高は74億2900万円(同28.0%増)となり、営業利益は17億7500万円(同1.2%減)となった。有力IPにかかる新規キャラクターグッズ等の販売が好調であったものの、商品別の売上構成比が変化したこと等により、増収減益となった。

 

■2023年3月通期の見通し
2023年3月期の連結業績予想については、合理的な算出を行うことが困難と判断したため、非開示とした。新作大型タイトルの発売を下期に予定しているが、世界的なサプライチェーンの混乱等が続いており、合理的な販売予測が難しいという。加えて、急激な為替変動が経常利益及び最終利益に及ぼす恐れがある。また、インフレや世界的な金利の急上昇により、今後の経済情勢によっては、同社グループへの業績に大きな影響を与える可能性もある、とした。

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
https://www.hd.square-enix.com/jpn/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
設立
1975年9月
代表者
代表取締役社長 松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高3652億7500万円、営業利益592億6100万円、経常利益707億400万円、最終利益510億1300万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9684
企業データを見る