【決算レポート】イマジニア、第2四半期(7~9月)は研究開発費の大幅増もあり営業益は98%減に 『Fit Boxing 北斗の拳』の国内版を12月に発売へ

柴田正之 編集部記者
/

イマジニア<4644>の2023年3月期の第2四半期(7~9月)の連結決算は、前年同期はNintendo Switch向け『Fit Boxing2』が寄与していた反動減により、減収となった。

また、コンテンツ事業の主力であるパッケージゲームおよびスマートフォンゲームを中心に、研究開発費を前事業年度に比べ大幅に増加して「ヒットコンテンツ」の創出を目指していることもあり、利益率が大きく低下した。

売上高13億1800万円(前年同期比15.6%減)
営業利益500万円(同98.2%減)
経常利益6300万円(同79.3%減)
最終利益3300万円(同83.7%減)

直近で開発が進んでいるパッケージゲームは、「Fit Boxing」シリーズの基本機能はそのままに「北斗の拳」の世界観でエクササイズを楽しむことができるNintendo Switchソフト『Fit Boxing 北斗の拳 ~お前はもう痩せている~』だ。『Fit Boxing 北斗の拳』は、国内版が12月22日、海外版は2023年3月に発売する予定となっており、第3四半期と第4四半期の業績に寄与してくることが予想される。

また、同じくNintendo Switchソフトの『漢検スマート対策』と『英検スマート対策』を12月8日に発売することも決定した。

一方、スマートフォンゲームについては、2022年6月に配信を開始した『サンリオキャラクターズ ミラクルマッチ』が期中はフル寄与した。また、『メダロットS』でTVアニメ「フルメタル・パニック! Invisible Victory」とのコラボイベント、『すみすみ~まったりパズル』でコーエーテクモゲームスの『金色のコルダ スターライトオーケストラ』とのコラボイベントをそれぞれ開催した。

なお、2023年3月期通期の連結業績予想は、従来予想から変更なく、以下のとおり。

売上高73億円(前期比15.3%増)
営業利益7億5000万円(同36.3%減)
経常利益10億円(同25.2%減)
最終利益6億7000万円(同24.8%減)

イマジニア株式会社
https://www.imagineer.co.jp/

会社情報

会社名
イマジニア株式会社
設立
1986年1月
代表者
代表取締役社長兼CEO 澄岡 和憲
決算期
3月
直近業績
売上高63億3100万円、営業利益11億7700万円、経常利益13億3700万円、最終利益8億9000万円(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4644
企業データを見る