カプコン、第3四半期決算は営業益43%増の477億円と大幅増益…『スト6』298万本販売、リピートも前年実績を470万本上回るなど好調

カプコン<9697>は、1月31日、2024年3月期 第3四半期累計(23年4月~23年12月)の連結決算を発表し、売上高1061億7900万円(前年同期比33.3%増)、営業利益477億0400万円(同43.1%増)、経常利益494億6000万円(同47.4%増)、最終利益346億3600万円(同46.7%増)だった。

・売上高:1061億7900万円(同33.3%増)
・営業利益:477億0400万円(同43.1%増)
・経常利益:494億6000万円(同47.4%増)
・最終利益:346億3600万円(同46.7%増) 

中核事業であるデジタルコンテンツ事業において、主力シリーズの大型タイトルの投入や、デジタル販売を通じたリピートタイトルの積極的な販売推進により、グローバルに販売本数の増加を図った。これにより、第3四半期累計におけるデジタルコンテンツ事業の販売本数は、3260万本と前年同期2910万本を上回り、同社グループのコンテンツ価値向上に大きく寄与した。

さらに、これらの主力コンテンツと映像作品やライセンス商品、eスポーツとの連携によるIPの持つブランド力の向上に努めた。また、アミューズメント施設事業における効率的な店舗運営や新業態店舗の推進、アミューズメント機器事業におけるスマートパチスロの導入や同社グループの人気IP活用等によるリピート販売などの施策により、収益の向上を図った。

セグメントごとの経営成績は以下のとおり。

 

■ デジタルコンテンツ事業

売上高は814億3600万円(同33.0%増)、営業利益は473億6100万円(同36.8%増)となった。

eスポーツ展開をリードするシリーズ最新作『ストリートファイター6』を昨年6月に発売し、グローバルに幅広く支持した。その結果、298万本を販売し、業績向上に貢献した。加えて、12月に米国で開催した世界最大級のゲーム表彰式典「The Game Awards2023」において、『ストリートファイター6』が優れた格闘ゲームとして「Best Fighting」を受賞した。

さらに、『バイオハザード ヴィレッジ』のプレイステーションVR2対応無料ダウンロードコンテンツが優れたVR / ARゲームとして「Best VR /AR」を受賞し、同社IPが全世界で高い評価を得るなど、タイトル販売に弾みをつけた。

リピートタイトルにおいては、「モンスターハンター」シリーズの完全新作『モンスターハンターワイルズ』の制作発表に併せ、同シリーズのリピートタイトルの販売が好調な結果となった。

さらに、3月発売の『バイオハザード RE:4』が、プレイステーションVR2対応の無料タイトルアップデートなどの継続的な施策により、累計648万本を販売し、リピート販売拡大に寄与した。加えて、積極的なプロモーションによるIPの認知拡大と新たなファン層の獲得を図る施策等を行い、『バイオハザード RE:2』などのシリーズタイトルを中心に販売した。

その結果、リピートタイトルの販売本数が2670万本と前年同期2200万本を上回り、収益を押し上げた。

モバイルコンテンツにおいては、「モンスターハンター」シリーズの最新モバイルゲーム『モンスターハンターナウ』が9月に配信した。同ゲームのグローバルダウンロード数は1000万を突破し、IPの認知拡大に寄与した。

 

■アミューズメント施設事業

売上高は138億4700万円(同21.9%増)、営業利益は15億4700万円(同52.6%増)となった。

新型コロナウイルス感染症の5類への移行により経済活動が回復した状況下、既存店の効率的な店舗運営や新業態での出店効果などにより収益拡大を図った。

第3四半期累計において、昨年4月に子供向け遊具施設の「キッズバネット 静岡店」、6月に体験型施設の「クレイジーバネット イオンモール新居浜店」(愛媛県)および12月にカプセルトイ専門店の「カプセルラボ 原宿竹下通り店」をオープンしたので、施設数は48店舗となっている。

また、『モンスターハンターナウ』をより楽しめる場所を各店舗に設置するなど、他事業との相乗効果を図った。

 

■アミューズメント機器事業

売上高は80億2000万円(同116.8%増)、営業利益は45億6000万円(同120.5%増)となった。

パチスロ市場がスマートパチスロのけん引により堅調に推移している環境下、同社グループのスマートパチスロ第一弾となる『戦国BASARA GIGA』を昨年8月に発売し、1万5000台を販売した。加えて、第二弾として1月稼働の『バイオハザード ヴィレッジ』を昨年12月に1万台出荷し、収益に貢献した。また、2022年8月発売の『新鬼武者2』および昨年1月発売の『モンスターハンターワールド:アイスボーン』が、市場での高稼働を受け、リピート販売が順調に推移した。

 

■その他事業

売上高は28億7500万円(同14.7%減)、営業利益は6億4200万円(同47.4%減)となった。

グループのタイトルブランドの価値向上に向け、CG長編映画『バイオハザード:デスアイランド』が昨年7月に全世界で公開した。加えて、Netflixにおいてアニメシリーズ『鬼武者』が11月に全世界で配信されるなど、引き続き主力IPを活用した映像化やキャラクターグッズ展開などに注力した。

また、eスポーツについては、昨年7月から開催の国内チームリーグ戦「ストリートファイターリーグ: Pro-JP2023」において、シリーズ最新作の『ストリートファイター6』を投入し、10月から北米、11月から欧州においても同チームリーグ戦を開始した。さらに、8月から世界各地で開催の「CAPCOM Pro Tour2023」において、同社史上最高の賞金総額200万ドル以上に拡大して実施するほか、シンガポール等でのイベント実施によるeスポーツの振興など、グローバル規模でのユーザー層の裾野拡大に向けた施策を講じた。

 

■2024年3月期の業績見通し

2024年3月期の業績は、売上高1400億円(前期比11.2%増)、営業利益560億円(同10.2%増)、経常利益560億円(同9.0%増)、最終利益400億円(同8.9%増)、EPS191.28円を見込む。

・売上高:1400億円(同11.2%増)
・営業利益:560億円(同10.2%増)
・経常利益:560億円(同9.0%増)
・最終利益:400億円(同8.9%増)
・EPS:191.28円

計画に対する進捗率は、売上高75.8%、営業利益85.2%、経常利益88.3%、最終利益86.6%となっている。

・売上高:75.8%
・営業利益:85.2%
・経常利益:88.3%
・最終利益:86.6%

株式会社カプコン
http://www.capcom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社カプコン
設立
1983年6月
代表者
代表取締役社長 最高執行責任者 (COO) 辻本 春弘
決算期
3月
直近業績
売上高1259億3000万円、営業利益508億1200万円、経常利益513億6900万円、最終利益367億3700万円(2023年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9697
企業データを見る