ファンコミ、ターゲティング・アドプラットフォーム「nex8」でダイナミックリターゲティング広告の提供を開始

ファンコミュニケーションズ<2461>は、運営するターゲティング・アドプラットフォーム「nex8(ネックスエイト)」において、2015年2月より、個々のユーザーの趣味嗜好に適した広告をリアルタイムで配信するダイナミックリターゲティング広告の提供を開始した。

従来のダイナミックリターゲティング広告に対して、「全自社開発により可能になった細かなチューニング」「国内最大級のスマートフォンアドネットワーク「nend(ネンド)」(http://nend.net/)への独占配信」「iOS・Androidの両OSに対応」という強みを活かし、今後より多くの企業に「質・量」共に高いサービスを提供していく予定としている。

■「nex8」が提供するダイナミックリターゲティングについて
広告主サイトでのユーザーの行動履歴を元にして、ユーザーごとに趣味嗜好に合わせた広告を自動生成し配信する。申込・購入を検討していた商品・サービスをダイレクトに表示させることが、ユーザーへのリマインドや購入意欲の再燃につながり、予め決められたクリエイティブ(広告バナー等)を配信して決められたリンク先に誘導する従来のリターゲティングよりも一層高い広告効果が期待できる。また、独自に開発したシステムにより、ユーザーが商品一覧ページを閲覧して離脱したのか、詳細ページまで閲覧したが申込・購入に至らなかったのかなど、ユーザー行動の段階に応じて配信内容を細かくチューニングできることが、「nex8ダイナミックリターゲティング」の特長。「nex8」ではこれらの機能を「初期費用0円」「固定費0円」「最低出稿金額規定なし」「最少商品点数規定なし」と、非常に自由度の高い、広告主の規模問わず申し込みやすい内容で提供する。

▼「nex8」
URL:https://www.nex8.net/
株式会社ファンコミュニケーションズ
http://www.fancs.com/

会社情報

会社名
株式会社ファンコミュニケーションズ
設立
1999年10月
代表者
代表取締役社長 柳澤 安慶
決算期
12月
直近業績
売上高267億円、営業利益23億1800万円、経常利益25億1600万円、最終利益16億3700万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2461
企業データを見る