モノビット、MOBAを簡単に開発できるゲームエンジン「モノビットMOエンジン for Unity」で初のアップデートを実施 「CEDEC2015」にも出展へ

モノビットは、ネットワークゲーム向けミドルウェア製品である「モノビットMOエンジン for Unity」初のアップデートとなるVer1.1を発表した。

今回のアップデートで、キャラクターやユニットに勢力の概念を付与できるようになるなど、PvPやMOBA系のゲームが一層作りやすくなっており、8月18日よりモノビットエンジンの公式サイトから無料ダウンロードが可能となっている。さらに、CEDEC2015(CESA主催:2015年8月26日~8月28日、パシフィコ横浜 会議センター)にも出展し、「モノビットMOエンジン For Unity」Ver1.1のプレイアブルデモを展示する。

■「モノビットMOエンジン for Unity」とは? 
Unity上で動作し、スマートフォン向けにMO、MOBA系ゲームを簡単に開発できる、サーバとクライアントの両方で動作するゲームエンジン。Unityの開発環境で動作する各種GUIツールも同梱されており、本格的なネットワークゲームを誰でも簡単に作成することができる。本年6月の発表以来、すでに複数の商用プロジェクトで実際に利用されており、積極的に機能の追加と拡張が行われている。 

■「モノビットMOエンジン for Unity v1.1」アップデート内容
今回のアップデートで、キャラクターやユニットに勢力の概念を付与できるようになった。 また、要望の多かったユーザーの独自定義情報を全クライアントに送信する機能や、エネミー以外のユニットへのAI機能の適応、フィールドの視界マスク機能の実装など、本格的なMOBA系タイトルの開発に必要な機能が拡充されている。また、今後も継続してアップデートを行っていく予定としている。 
 

<Ver1.1アップデート内容の詳細> 
1.ユーザ入力情報の独自拡張が可能に 
操作キャラの入力情報以外に、自由なパラメータをサーバに送信することができるようになった。これにより、スキルボタンやユニット選択など独自のUI操作を実装する際、選択情報をクライアント間で共有可能になった。 

2.マスタデータの自由度が向上 
いままでスケルトンデータを変更して利用していたマスターデータについて、ユーザが自由にマスタデータをカスタマイズできるようになった。 

3.勢力の概念実装 
各ユニットに勢力を割り当てることができるようになり、より簡単にPvPやMOBA系のゲームが作成できるようになった。また、静的オブジェクトにも勢力概念を持たせることにより、固定砲台なども簡単に実装可能になった。

4.ユニットのあたり判定をブラッシュアップし、勢力概念にも対応 
ユニットの当たり判定時、対象ユニットのサンプリング方法を変更し、より判定精度が向上した。 

5.エディタの機能を拡張し、パラメータ定義の新UIを実装 
キャラクタ/AIエディタにおいて、パラメータ定義と設定がUI上からできるようになった。 

6.敵以外のユニットもAI駆動が可能に 
NPC等、全ユニットにAIが乗せられるようになった。これにより、AIで駆動する味方のペットや召喚キャラクターなどが簡単に実装できるようになった。 

7.フィールドへの視界マスク機能を実装 
未開拓のフィールドを判定する機能を実装した。ここに視覚的なマスク(影やフォグなど)をかけることにより、行ったことが無いエリアに潜む敵が発見できなくなったり、索敵ユニットを作成したりと、より戦略的なゲームを作ることができるようになった。 

 

モノビットMOエンジン