【速報】バンナムHD、18年3月期は売上・営業益が過去最高 玩具とゲームが好調 スマホゲームは『ドッカンバトル』や『トレクル』『アイマス』シリーズが貢献

バンダイナムコホールディングス<7832>は、5月9日、2018年3月期決算を発表し、売上高6783億円(前の期比9.4%増)、営業利益750億円(同18.6%増)、経常利益753億円(同19.1%増)、最終利益541億円(同22.5%増)となり、売上高、営業利益ともに過去最高を達成した。

 

【関連記事】
【速報】バンナムHDのIP別売上高、『ドラゴンボール』が1000億円に迫る 『ライダー』『プリキュア』『NARUTO』も伸長 『妖怪ウォッチ』が姿消す
バンナムHD、ネットワークコンテンツの売上高が2000億円の大台目前 『ドッカンバトル』や『トレクル』『アイマス』が貢献 家庭用も2ケタの伸び 


 
[トイホビー事業]

売上高2224億円(同2.0%増)、セグメント利益144億円(同8.6%増)だった。

国内では「仮面ライダー」シリーズや「プリキュア」シリーズ、「ドラゴンボール」シリーズなどの定番IP商品の好調が継続したほか、「機動戦士ガンダム」シリーズの商品がプラモデルを中心に安定的に推移した。また、大人層などに向けたターゲット拡大の取り組みを強化したほか、IPラインナップ拡充に取り組むなどIP軸戦略強化に向けた施策を実施した。

海外では、アジア地域において「機動戦士ガンダム」シリーズの商品や大人層向けのコレクション性の高い玩具などが人気となった。欧米地域では、カード商品などハイターゲット商品の展開を推進した。


 
[ネットワークエンターテインメント事業]

売上高4059億円(同14.2%増)、セグメント利益523億円(同24.6%増)だった。

ネットワークエンターテインメント事業では、スマートフォン向けゲームアプリなどのネットワークコンテンツにおいて、ワールドワイド展開している「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」や「ワンピーストレジャークルーズ」、国内の「アイドルマスター」シリーズなどの主力タイトルの好調が継続し収益に貢献した。

家庭用ゲームにおいては、欧米地域を中心に新作タイトル「TEKKEN(鉄拳)7」や「DRAGON BALL FighterZ(ドラゴンボールファイターズ)」が人気となったほか、既存タイトルのリピート販売が好調に推移した。

アミューズメントビジネスでは、アミューズメント施設の国内既存店が順調に推移したほか、新技術を融合した新たな取り組みとしてVR(Virtual Reality:仮想現実)を活用した機器開発や施設の出店を積極的に推進した。


 
[映像音楽プロデュース事業]

売上高560億円(同0.4%減)、セグメント利益125億円(同6.9%減)だった。

映像音楽プロデュース事業については、「機動戦士ガンダム」シリーズや「ラブライブ!」シリーズ、「ガールズ&パンツァー」シリーズなどの主力IPの既存作品及び新作に関連した映像や商品展開を行い人気となった。また、「ラブライブ!」シリーズなどの作品に関連したライセンス収入などが収益に貢献したが、事業全体では主力商品の発売タイミングなどの違いにより、前期の業績を下回った。



 
■2019年3月期の見通し

続く2019年3月期は、売上高6500億円(前期比4.2%減)、営業利益600億円(同20.0%減)、経常利益610億円(同19.1%減)、最終利益430億円(同20.5%減)を見込む。

 






 
株式会社バンダイナムコホールディングス
http://www.bandainamco.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコホールディングス
設立
2005年9月
代表者
代表取締役社長 川口 勝
決算期
3月
直近業績
売上高7409億0300万円、営業利益846億5400万円、経常利益876億1200万円、最終利益488億9400万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7832
企業データを見る