【決算レポート】DeNA、21年3月期は黒字転換 「新たな挑戦に向けた環境整った」(岡村社長) 『スラムダンク』世界ヒット、『Pococha』急成長と成果続々



ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、5月7日、2021年3月期の決算発表を行うとともに、オンラインで決算説明会を開催した。発表した決算は、売上収益1369億7100万円(前の期比12.8%増)、営業利益224億9500万円(前の期は456億7600万円の損失計上)、税引前利益312億5900万円(前の期は402億3500万円の損失計上)、最終利益256億3000万円(前の期は491億6600万円の損失計上)と増収・黒字転換を達成した。


・売上収益:1369億7100万円(前の期比12.8%増)
・営業利益:224億9500万円(前の期は456億7600万円の損失計上)
・税引前利益:312億5900万円(前の期は402億3500万円の損失計上)
・最終利益:256億3000万円(前の期は491億6600万円の損失計上)
 


前の期は、ngmocoの減損損失などで巨額の特別損失を計上するなど構造改革を行ったことに伴い、赤字決算となっていたが、業績は大きく改善した。決算説明にあたった岡村信悟社長(写真)は、「(前の期に実施した)構造改革が順調に進捗したといえる。新年度からの基盤に基づいて新たな成長・挑戦に向けた環境が整った」と振り返った。
 


セグメント別の状況は以下のとおり。スポーツ事業が新型コロナの影響で苦戦し36億円の赤字を計上したものの、ライブストリーミング事業が大きく成長した。また主力のゲーム事業についても、「長年追求してきた中国を足がかりにしたグローバル展開が大きな成果を上げた1年だった」とも述べた。さらに共通部門のコスト削減も行った。
 


①ゲーム事業
売上収益913億700万円(前々期比8.9%増)、セグメント利益188億6900万円(同32.6%増)だった。ゲーム事業の収益基盤の最強化に取り組み、中国における『スラムダンク』がグローバルヒットタイトルとなり、ゲーム事業の収益に大きく貢献した。ユーザー消費額における海外の比率が向上し、全体としてのユーザー消費額は微増となった。さらに減価償却費の減少などコスト構造改革が奏功し、利益も大きく改善した。
 


②スポーツ事業
売上収益128億2100万円(同36.5%減)、セグメント損失35億8900万円の赤字(前年同期12億300万円の黒字)だった。2020年シーズンのプロ野球の公式戦は、2020年6月19日から無観客での開幕となり、その後は、観客数の上限を段階的に緩和しながらの試合実施となった。2021年シーズンは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が継続しているが、3月下旬に開幕した。
 


③ライブストリーミング事業
売上収益242億1100万円(同164.9%増)、セグメント利益51億9100万円(前年同期13億5600万円の赤字)と大幅増収・黒字転換に成功した。成長に向けて投資を継続的に行ってきたが、「Pococha(ポコチャ)」が大きく成長した。「非常に好調、売上収益の成長を重視しながら着実に伸びている」。セグメント利益もマーケティング投資を行っているため、四半期ごとに上下しているが、「きちんと積み上げることができている」という。
 


なお、SHOWROOMについては、2020年6月30日を期日とした保有株式の一部譲渡により、持分法適用関連会社となったため、第2四半期連結会計期間よりセグメント別の業績には含んでいない。


④ヘルスケア事業
売上収益20億9900万円(同17.5%増)、セグメント損失11億9400万円(前年同期15億5900万円の損失計上)だった。「MYCODE(マイコード)」「kencom(ケンコム)」「歩いておトク」など、ヘルスケアサービスの分野における既存の提供サービスの利用は堅調に推移した一方で、ヘルスケア型保険をはじめ、将来に向けて規律のある成長投資を行った。
 


⑤新規事業・その他
売上収益68億2600万円(同2.0%増)、セグメント損失1億6200万円(前年同期89億100万円の損失計上)だった。中長期での事業ポートフォリオの強化を目指した各種取り組みおよび、EC事業におけるサービスを含んでいる。なお、前々期には旧オートモーティブ事業における積極的な投資を行っていた。
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1308億6800万円、営業利益114億6200万円、税引前利益294億1900万円、最終利益305億3200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2432
企業データを見る