サイバーエージェント、21年9月末の現預金が1800億円突破と大幅増 新作ゲーム開発や新規事業投資に充当する考え M&Aの可能性も



サイバーエージェント<4751>は、この日(10月27日)開催した2021年9月通期の決算説明会において、2021年9月末における現預金が2020年9月末比で77.3%増の1814億円に積み上がったことを明らかにした。前の期から一気に800億円増えたことになる。

積み上がった現預金の使途について、藤田晋社長は、大型の新作ゲームの開発費に充当するほか、新規事業への投資、場合によってはM&A(企業買収)など、さらなる成長のために活用していく考えを示した。

同日発表した21年9月通期の連結決算は、売上高6664億円(前の期比39.3%増)、営業利益1043億円(同208.1%増)、最終利益415億円(同528.8%増)と大幅増益を達成した。Cygamesの運営する『ウマ娘プリティーダービー』が貢献し、過去最高業績となった。

・売上高:6664億6000万円(同39.3%増)
・営業利益:1043億8100万円(同208.1%増)
・経常利益:1046億9400万円(同209.2%増)
・最終利益:415億5300万円(同528.8%増)

【関連記事】
【速報】サイバーエージェント、21年9月期決算は営業益208%増の1043億円と過去最高業績 『ウマ娘プリティーダービー』が大きく貢献
サイバーエージェント、第4四半期のゲーム事業は営業益275%増の281億円と大幅増 『ウマ娘』は「好調だった初動の反動があったが堅調」
サイバーエージェント藤田社長、22年9月期の予想非開示の理由を説明…『ウマ娘』は足元堅調だが「12ヶ月後の数字は経営陣でも予測できない」
サイバーエージェント、「ABEMA」は「先行投資から損益改善フェーズに入った」(藤田社長) 広告や課金、周辺ビジネス成長 MLBなど番組充実でWAU拡大続く

株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る