21年1-3月決算、コーエーテクモホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 家庭用ゲーム大手6社中5社が営業増益 コーエーテクモとカプコ...

家庭用ゲーム大手6社中5社が営業増益 コーエーテクモとカプコン、スクエニ最高益 新型コロナでビジネス様変わり 家庭用からスマホへ多層的な展開

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
  • 企業データ
家庭用ゲームソフト大手6社の2021年3月期の決算がついに出揃った。本業の儲けを示す営業利益が前の期に比べてプラスとなったのは、対象となった全6社5社だった。そのうち、コーエーテクモHD<3635>やスクエニHD<9684>、カプコン<9697>が過去最高益を達成するなど、非常に好調な内容だった。コナミHD<9766>や、バンナムHD<7832>についても、イベントやアミューズメント、スポーツクラブなどの事業が新型コロナの影響を大きく受けたものの、増益を確保することに成功した。

大手ゲーム各社が好調な中、セガサミーHD<6460>が唯一減益となった。これは主にパチンコ・パチスロを展開するサミーの不振が響いた。新型コロナの影響でパチンコ・パチスロホールが影響を受けたことによる。ただ、セガの展開するゲーム事業に限定すれば、大幅な増益を達成した。その意味で、新型コロナの感染拡大による"巣ごもり需要"を追い風に、大手ゲーム会社の業績は総じて良好だったといえよう。

 


2020年のゲーム市場で特に目立ったのは、家庭用ゲームの活況だ。特に任天堂<7974>の好決算にみられるように、Nintendo Switchの記録なヒットを記録した。そして、昨年発売された新型ハード「プレイステーション5」も品薄が続いている。ユーザーは、自宅にこもってゲームをするのであれば、グラフィックが高精細で、遊びごたえのある、より本格的でゲーム性の高い遊びを求めた。

需要側の変化に加えて、店舗に出かけることなく、自宅で手軽にゲームソフトが購入できるダウンロード販売の普及も追い風となった。追加コンテンツの配信やセールを効果的に活用することで、開発費をすでに計上した「過年度発売タイトル」を長期間にわたって売ることが可能になった。かつての発売時が最大の勝負だった時代とは全く違っている。

さらに家庭用ゲームで培ったブランドやシリーズ作品を「IP」として、スマホやPCのオンラインゲームとして展開するほか、中国を中心に海外の大手ゲーム会社にライセンス供与することで大きな収益獲得が可能になった。一部大手ゲーム会社は、自社の持つ資産をオンラインゲームとしてうまく活用できない時期もあったが、家庭用ゲームソフトを出発点として多層的に収益を生み出すサイクルを作り出した。ゲームソフトのビジネスが大きく変わったのだ。

世界を混乱に陥れた新型コロナウイルスは、ワクチン接種が始まり、これから徐々に収束に近づいていくとみられている。大手ゲーム会社の2022年3月期の業績見通しを見ると、多かれ少なかれ2020年の反動減を想定しているようだ。反動減は免れ得ないかもしれないが、ゲームの消費やビジネスのあり方が大きく変わった。新型コロナ収束後であっても不可逆な部分もある。これからのゲームビジネスがどう変わるか、注目される。

各社の状況を見ていこう。ゲーム事業のみを取り上げている。各社の状況は、個別記事を確認してほしい。


 
■コーエーテクモホールディングス<3632>

売上高、営業利益、経常利益、最終利益のすべての項目で過去最高の業績となり、11期連続での増益を達成した。

・売上高603億7000万円(前の期比41.6%増)
・営業利益243億9700万円(同73.0%増)
・経常利益392億9900万円(同108.3%増)
・最終利益295億5000万円(同93.1%増)

パッケージゲームでは、任天堂<7974>の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の世界観を継承した『ゼルダ無双 厄災の黙示録』が累計出荷本数370万本を超えるヒットとなった。

スマホゲームでは、『三國志 覇道』が中期経営計画で重点目標として掲げていた月商10億円を達成した。同社がIPを許諾し中国で配信中の『三国志・戦略版』は、App Store月間セールスランキングで18ヶ月連続で上位5位以内にランクインした。

【関連記事】
【決算レポート】コーエーテクモHD、21年3月期は売上・利益とも過去最高 欧米&DL販売の伸び顕著 『三國志』IPがスマホゲームの急拡大けん引
コーエーテクモHD、21年3月期は売上高41%増、営業益73%増と最高業績を更新 『三國志 覇道』が月商10億円達成 『三国志・戦略版』も好調持続
コーエーテクモHD、21年3月期の家庭用ゲームの売上高は31%増の307億円…『ゼルダ無双 厄災の黙示録』全世界370万本出荷、海外でDL販売大幅増
コーエーテクモ、21年1~3月のモバイルゲーム売上は71%増の78億円と過去最高 『三国志・戦略版』に加え自社開発『三國志 覇道』も月商10億円と成長
コーエーテクモ、24年3月期に売上高900億円、営業益300億円目指す中期計画 500万本級の新作と月商20億円のスマホゲーム創出 自社開発中心に成長


 
■セガサミーホールディングス<6460>

セガを中心とするゲーム事業が好調だったものの、もう一つの柱であるサミーの遊技機事業が113億円の経常損失を計上するなど苦戦し、大幅場な減益を余儀なくされた。

・売上高:2777億4800万円(前の期比24.2%減)
・営業利益:65億5300万円(同76.3%減)
・経常利益:17億1500万円(同93.2%減)
・最終利益:12億7400万円(同90.7%減)

『ペルソナ5スクランブル ザ ファントム ストライカーズ(欧米版)』、『龍が如く7光と闇の行方(欧米版)』、『Football Manager2021』などの新作タイトルを発売したほか、リピート販売が好調に推移し、販売本数は4177万本(前期は2857万本の販売)となった。

また、F2Pについては、『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories(リゼロス)』や『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク(プロセカ)』などの新作タイトルに加え、既存タイトルも好調に推移した。

【関連記事】
セガサミーHD、21年3月期は遊技機不振で経常益93%減の17億円 セガのゲーム好調、『プロセカ』『リゼロス』貢献
セガサミー、21年3月期のゲーム事業は営業益113%増の314億円 家庭用リピート販売好調、『プロジェクトセカイ』がF2Pタイトル1位に
セガサミー、22年3月期は経常益1066%増の200億円と急回復の見通し 遊技機が黒字転換、ゲームは反動減で減収減益に
セガサミー、第4四半期ゲーム事業の営業利益が80%減の5億円 リピート減少や評価減などで 一部タイトル想定下回る 『サクラ革命』か


 
■バンダイナムコホールディングス<7832>

増収増益だった。大人層に向けた玩具商品や新規IPを活用した商品等が人気となったほか、、ネットワークコンテンツの主力タイトルや家庭用ゲームのリピート販売が好調に推移した。音楽やアミューズメント施設のッ苦戦をカバーした。最終利益が減ったのは、AM施設の店舗臨時休業や減損損失を計上したため。

・売上高:7409億0300万円(前の期比2.3%増)
・営業利益:846億5400万円(同7.5%増)
・経常利益:876億1200万円(同9.8%増)
・最終利益:488億9400万円(同15.2%減)

ワールドワイド展開している「DRAGON BALL」シリーズや「ワンピース」、国内の「アイドルマスター」シリーズ等の主力タイトルがユーザーに向けた継続的な施策により好調に推移した。

家庭用ゲームにおいては、「リトルナイトメア2」等の新作タイトルに加え、「DRAGON BALL」シリーズ、「TEKKEN(鉄拳)7」、「DARK SOULS(ダークソウル)」シリーズ等の既存タイトルのリピート販売が海外を中心に好調だった。

【関連記事】
バンナムHD、21年3月期は営業益7.5%増の846億円 大人層向け玩具やゲーム事業けん引 映像プロデュースやアミューズメント苦戦
バンナムHD、21年3月期の家庭用ゲーム売上は30%増の1181億円 高採算リピート販売伸長 「リトルナイトメア2」ミリオン 今期は新作中心に
バンナムHD、第4四半期のスマホ・PCオンラインゲームの売上が15%減の468億円 YonYで2ケタの減収は初めて
バンナムHDのIP別売上高、「ガンダム」が21%増の950億円と1000億円達成が視野に 巣ごもり背景に「ガンプラ」国内外で伸びる
バンナムHD、2022年3月期は新作スマホゲーム17本を投入予定 前期は5本から大幅増 家庭用は「SCARLET NEXUS」やテイルズ新作、アイマス新作など大型タイトルを用意


 
■スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>

主力のゲーム事業が好調に推移したことに加えて、出版事業、ライツ事業が成長し業績を押し上げた。売上、利益ともに最高となった。

・売上高:3325億3200万円(前の期比27.6%増)
・営業利益:472億2600万円(同44.2%増)
・経常利益:499億8300万円(同55.7%増)
・最終利益:269億4200万円(同26.2%増)

HD(ハイディフィニション)ゲームにおいては、「FINAL FANTASY VII REMAKE」「Marvel's Avengers(アベンジャーズ)」等の大型タイトルの発売があったことに加え、カタログタイトルの販売が好調に推移したこと、ライセンス収入等により、前期比で増収となった。

MMO(多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム)においては、前期に「ファイナルファンタジーXIV」と「ドラゴンクエストX」の拡張パッケージの発売があったため減収となったものの、同タイトルの継続課金収入等は好調に推移した。

スマホゲームは「ドラゴンクエストウォーク」や「FFBE幻影戦争」等の既存タイトルが堅調であったことに加え、「ドラゴンクエストタクト」「オクトパストラベラー大陸の覇者」及び「NieR Re[in]carnation」が収益貢献した。

【関連記事】
スクエニHD、21年3月期の決算は売上高27%増の3325億円、営業益44%増の472億円と増収増益…主力のゲームけん引、出版は利益6割増、ライツ伸長
スクエニHD、スマホゲームの1~3月売上は8.6%増の304億円 年間通じて四半期300億円台キープ 『DQタクト』『オクトラ』『ニーア』貢献
スクエニHD、MMOの第4四半期の売上は14.4%増の103億円 3度目の100億超え 通期売上は拡張パッケージなくても前期並の398億円に
スクエニHD、HDゲームの21年3月期の売上は130%増の966億円 「FF VII REMAKE」など大型タイトルを発売
スクエニHD、21年3月期の出版事業は売上高268億円、営業利益116億円と過去最高 電子媒体・紙媒体とも成長続く ゲームに次ぐグループの柱に
スクエニHD、24年3月期に売上4000~5000億円、営業益600~750億円目指す中期計画…NFTやメタバース進出、新規IPの創出と横展開ど


 
■カプコン<9697>

デジタル販売を主軸とした事業戦略のもと、販売地域の拡大と長期販売の実現に伴い海外収益が伸長したことにより、8期連続営業増益を達成した。

・売上高953億800万円(前々期比16.8%増)
・営業利益345億9600万円(同51.6%増)
・経常利益348億4500万円(同51.8%増)
・最終利益249億2300万円(同56.3%増)

『モンスターハンターライズ』が3月の発売から早々に全世界で出荷本数400万本を突破するなど好調に推移したほか、『バイオハザード RE:3』(PS4、Xbox One、PC用)も390万本と順調に販売本数を伸ばした。

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』や『バイオハザード RE:2』など採算性の高いリピートタイトルも根強い人気により利益を押し上げた。

モバイルコンテンツは、日本国内で『ロックマンX DiVE』のサービスを開始したほか、協業タイトル『街霸:対決(ストリートファイター:デュエル)』の中国でのサービス開始に伴うライセンス収益が利益に貢献した。

【関連記事】
カプコン、21年3月期は8期連続の営業増益に 3月発売の『モンハンライズ』は早くも出荷本数400万本を突破 採算性の高いリピートタイトルも貢献


 
■コナミホールディングス<9766>

新型コロナウイルス感染拡大による休業措置や国内外の経済活動の停滞などによる影響を受けた事業があったものの、モバイルゲーム、家庭用ゲーム、カードゲームそれぞれの分野において製品・サービスが堅調に推移し全体としては増収増益となった。

・売上高2726億円(前の期比3.7%増)
・営業利益365億円(同18.0%増)
・税引前利益355億円(同17.1%増)
・最終利益322億円(同62.2%増)

『eFootball ウイニングイレブン2021』(海外名『eFootball PES 2021』)と、『遊戯王 デュエルリンクス』が牽引した。また、Apple Arcadeにて配信中の『Frogger in Toy Town』(フロッガー イン トイタウン)で大型アップデートを実施した。

国内では、『プロ野球スピリッツA』が好調に推移したほか、『実況パワフルプロ野球』などのタイトルも引き続き好調だった。中でも、『実況パワフルプロ野球』は、「サクセス」モードのストーリーのWEBアニメとして配信を開始した。

カードゲームでは、「遊戯王トレーディングカードゲーム」のグローバル展開を継続して進め、コロナ禍でも国内外で厚い支持を得た。また、「遊戯王ラッシュデュエル」では、最新テレビCMの放映に合わせて各種キャンペーンを実施した。

【関連記事】
コナミHD、21年3月期は売上高3%増、営業益18%増 コロナ禍でアミューズメントやスポーツは苦戦もデジタルエンタテインメントの好調がカバー

 
(編集部 木村英彦)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コーエーテクモホールディングスバンダイナムコホールディングスセガサミーホールディングス

企業情報(株式会社カプコン)

会社名 株式会社カプコン
URL http://www.capcom.co.jp/
設立 1983年6月
代表者 辻本春弘
決算期 3月
直近業績 売上高815億9100万円、営業利益228億2700万円、経常利益229億5700万円、最終利益159億4900万円(2020年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 9697

企業情報(コーエーテクモホールディングス株式会社)

会社名 コーエーテクモホールディングス株式会社
URL http://www.koeitecmo.co.jp/
設立 2009年4月
代表者 代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期 3月
直近業績 売上高346億円、営業利益62億円、経常利益88億円、当期純利益56億円(2013年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3635

企業情報(株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス)

会社名 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
URL http://www.square-enix.com/
設立 1975年9月
代表者 松田洋祐
決算期 3月
直近業績 売上高2605億円、営業利益327億円、経常利益320億円、最終利益213億円(2020年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 9684

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事