【決算まとめ】家庭用ゲーム大手の9月中間、6社中5社が増益 巣ごもり反動懸念払拭、好調続く 遊技機やAMなどコロナの影響受けた事業も復調へ

家庭用ゲームソフト大手6社の9月中間決算が出揃った。本業の儲けを示す営業利益でみると、6社中5社が30%を超える大幅な増益または100億円を超える黒字転換となるなど、総じて好調であった。唯一、ハイエンドゲームとスマホゲームが苦戦したスクエニHD<9684>のみが8%弱の減益だったとはいえ、300億円近い営業利益を稼いでいる。期初の時点では、新型コロナの影響で特需的に発生した「巣ごもり消費」の落ち着きが指摘される中、反動減が懸念されていた。

増益組のうち、主力のゲーム事業だけでなく、非ゲーム事業が収益改善した会社が目立った。スポーツやアミューズメント関連、パチンコ・パチスロ関連など、前年同期は新型コロナの影響で収益悪化を余儀なくされたが、昨年より構造改革を実施したこともあり、採算性を大きく改善させたようだ。

バンナムHD<7832>はトイホビー事業が引き続き好調だったが、アニメやイベント関連、アミューズメント関連も収益が改善した。ただ、ゲームについては、下期のリリースラッシュに向けた端境期となったこともあり、減収減益となった。

コナミHD<9766>もゲーム事業が2桁の増収増益を達成したことに加えて、アミューズメント事業とゲーミング&システム事業、スポーツ事業がいずれも黒字転換を達成し、大幅な増益となった。

セガサミー<6460>も家庭用ゲームが好調だったほか、IR事業や遊技機の赤字が縮小した一方、アミューズメント機器が黒字転換した。

また、主力のゲーム主導で増益としたカプコン<9697>とコーエーテクモHD<3635>の存在感が際立つ。カプコンは、『バイオハザード ヴィレッジ』が大ヒットし、『モンスターハンターライズ』も販売本数を伸ばした。コーエーテクモも『戦国無双5』や「仁王」シリーズ新作、「ライザのアトリエ」シリーズとリピート販売、『三國志 覇道』や『三国志・戦略版』などスマホゲームが両輪で伸ばすことに成功した。

各社の状況は以下のとおり。

■コーエーテクモホールディングス<3632>
売上高372億円(前年同期比60.8%増)、営業利益164億円(同94.4%増)と大幅増収増益となった。第1四半期に発売した新作と、前年度までに発売したタイトルのリピート販売が堅調に推移したほか、スマートフォンゲームで自社開発タイトルの運営収入が伸長し、IP許諾タイトルによるロイヤリティ収入も高水準を維持したことで大幅な増収増益を達成した。

・売上高:372億円(同60.8%増)
・営業利益:164億円(同94.4%増)
・経常利益:250億円(同63.9%増)
・最終利益:181億円(同53.2%増)

【関連記事】
・コーエーテクモ、9月中間の家庭用ゲーム売上は47%増の170億円 自社ゲーム『NINJA GAIDEN』や『戦国無双5』好調、『仁王2』などリピートも貢献
・コーエーテクモHD、第2四半期(4~9月)決算は売上高60.8%増、営業益94.4%増に 売上高、利益ともに過去最高 リピート販売堅調や『三國志 覇道』の好調などで
・コーエーテクモHD、第2四半期のモバイルゲーム売上高は100.2%増の88億円と大幅増 『三國志 覇道』好調、『三国志・戦略版』も貢献
・コーエーテクモHD、22年3月通期の業績予想は高進捗も据え置き 外部環境や大型タイトル控えて保守的な前提に 中国のゲーム規制の影響は「ない」
・コーエーテクモ、9月中間の家庭用ゲーム売上は47%増の170億円 自社ゲーム『NINJA GAIDEN』や『戦国無双5』好調、『仁王2』などリピートも貢献

■セガサミーホールディングス<6460>
売上高1348億円(前年同期比22.3%増)、営業利益146億円(前年同期は30億円の損失)と増収・黒字転換を達成した。エンタテインメントコンテンツ事業を中心に好調な推移となり、大幅な増収、黒字転換を達成した。遊技機とリゾートの赤字幅が縮小した。『HUMANKIND』や『ソニックカラーズ アルティメット』『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』など家庭用ゲームが好調だったほか、やアミューズメント機器も黒字転換した。

・売上高:1348億円(同22.3%増)
・営業利益:146億円(同30億円の損失)
・経常利益:147億円(同35億円の損失)
・最終利益:120億円(同217億円の損失)

【関連記事】
・セガサミーHD、22年3月通期の営業利益を200億円から230億円に増額 コンシューマゲームの販売好調で
・セガサミーHD、第2四半期(4~9月)決算は売上高22.4%増、146億円の営業黒字に転換 コンシューマ分野の好調が業績けん引 遊技機事業も回復傾向に
・セガサミー、第2四半期の家庭用ゲーム売上は82%増の197億円と急増 『HUMANKIND』や『LOST JUDGMENT』など新作貢献、新作売上は306%増に
・セガサミー、第2四半期のスマホ・オンラインゲーム売上は5%減の137億円…『プロセカ』や『PSO2NGS』貢献も18年3月期以前の落ち込み目立つ
・セガサミー、第2四半期のAM機器は営業益7億円と2四半期連続の黒字 UFOキャッチャーやプライズ好調、コスト削減寄与 新型コロナの不振から復調
・セガサミー、第2四半期のアニメ・玩具事業の営業益は500%増の12億円と急増…劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』が貢献

■バンダイナムコホールディングス<7832>
売上高3936億円(前年同期比16.8%増)、営業利益617億円(同34.4%増)と大幅増益を達成した。ゲーム事業が減収減益だったものの、トイホビーが好調だったほか、映像音楽、アミューズメント事業が復調した。玩具と並ぶ柱であるゲームについては、家庭用ゲームやスマホゲームともに下期の新作リリースに向けて開発を進めており、スマホゲームの売上はマイナスとなった。

・売上高:3936億円(同16.8%増)
・営業利益:617億円(同34.4%増)
・経常利益:641億円(同35.8%増)
・最終利益:395億円(同24.6%増)

【関連記事】
・【速報】バンナムHD、9月中間決算は営業益34.4%増の617億円 大人向けホビーけん引 IPライセンスやライブ収益貢献 AM施設急回復
・【速報】バンナムHD、22年3月通期決算の営業利益を750億円から900億円に上方修正 家庭用ゲームや大人層向けホビーの好調を受けて
・バンナムHD、第2四半期のスマホゲームの売上高は20%減の436億円 巣ごもり需要の追い風あった前年に及ばず 下期は国内外11本の新作で巻き返しへ
・バンナムHD、『テイルズ オブ アライズ』は100万本突破、今期中に170万本を計画 日本やアジアだけでなく欧米でも人気 『ELDEN RING』は400万本を見込む
・バンナムHD、9月中間期のAM事業は営業益24億円と80億円の赤字から黒字転換 AM施設の収益回復、『機動戦士ガンダム戦場の絆II』も貢献
・バンナムHDの9月中間のIP別売上高、「ガンダム」10.5%増の502億円、「DB」2.8%減の612億円に 「ワンピース」「NARUTO」「アイカツ」も拡大
・【速報】バンナムHD、第2四半期のネットワークコンテンツ売上高は21%減の464億円 3四半期連続で2ケタ減 新作スマホゲームを下期に多数リリースする予定

■スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>
売上高1689億円(前年同期比2.2%減)、営業利益291億円(同7.9%減)と減収減益だった。出版事業やMMOが引き続き好調だったほか、アミューズメントも黒字転換したものの、主力のゲーム事業でHD(High-Definition:ハイディフィニション)ゲームとスマホゲームが苦戦したことが響いた。主力のHDゲームは、前年同期の『FFVII REMAKE』や『Marvel's Avengers』に匹敵するタイトルがなかった。経常利益は増益だが、為替差益や有価証券売却益、暗号資産売却益などを計上したことによる。

・売上高:1689億円(同2.2%減)
・営業利益:291億円(同7.9%減)
・経常利益:314億円(同3.1%増)
・最終利益:229億円(同43.3%増)

【関連記事】
【速報】スクエニHD、9月中間決算は営業益7.9%減の291億円 HDゲームとスマホゲーム苦戦響く MMOと出版、アミューズメントは好調
・【速報】スクエニHD、第2四半期のスマホゲームの売上は12.8%減の292億円 既存タイトル弱含む、複数タイトルのリリースで下期巻き返しへ
・スクエニHD、ブロックチェーンゲームへの本格参入を検討 「資産性ミリオンアーサー」完売、NFTデジタルカードが本格事業化フェーズに
・スクエニHD、HDゲームの第2四半期の売上高は39%減の144億円 『FFVII REMAKE』や『Marvel's Avengers』を発売した前年同期に及ばず
・【速報】スクエニ、第2四半期のMMOの売上は49%増の161億円と最高水準 『FF14』課金会員が大幅増 『FF14』と『DQX』拡張パックでさらなる拡大も
・【速報】スクエニHD、第2四半期の出版事業は売上高0.1%減の69億円、営業益9.6%減の27億円 横ばい続く 高水準で安定と見るか伸び悩みと見るか


■カプコン<9697>
売上高699億円(前年同期比66.4%増)、営業利益289億円(同61.9%増)と大幅増収増益を達成した。過去最高水準の業績だった。5月に発売した「バイオハザード」シリーズの最新作『バイオハザード ヴィレッジ』が業績に大きく貢献したほか、7月に発売した『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』が全世界で100万本を突破したこともあり、大幅な増収増益を達成した。またアミューズメント施設、アミューズメント機器も復調した。

・売上高:699億円(同66.4%増)
・営業利益:289億円(同61.9%増)
・経常利益:297億円(同69.2%増)
・最終利益:222億円(同71.0%増)

【関連記事】
・【決算レポート】カプコンの9月中間期は売上・利益とも過去最高を更新 主力ブランド『バイオ』や『モンハン』の新作・リピート販売が好調
・カプコン、第2四半期(4~9月)決算は『バイオ』『モンハン』の新作の寄与やリピートタイトルの販売好調で大幅な増収増益を達成 アミューズメント施設も黒字化
・カプコン、9月中間期でも新作とリピート販売伸び続く 『バイオヴィレッジ』500万本、『バイオ7』1000万本、『MHWワールド』2000万本突破など
・カプコン、中国・雲暢遊戯との協業でモバイルゲーム『Devil May Cry: Peak of Combat(鬼泣-巅峰之战)』を中国本土で6月11日よりリリース

■コナミホールディングス<9766>
売上高1394億円(前年同期比20.2%増)、事業利益386億円(同50.2%増)と大幅増収増益となった。「eFootball ウイニングイレブン2021」や「プロ野球スピリッツA」などモバイルゲームが引き続き堅調に推移した。新型コロナウイルス感染拡大による影響は残るものの、アミューズメント事業、ゲーミング&システム事業及びスポーツ事業においても復調に向けた取り組みが成果を見せ始めた。

・売上高:1394億円(同20.2%増)
・事業利益:386億円(同50.2%増)
・営業利益:391億円(同83.0%増)
・最終利益:275億円(同99.8%増)

【関連記事】
・【速報】コナミHD、9月中間決算は事業利益50%増の386億円と大幅増益 ゲーム引き続き堅調 AM関連やカジノ関連、スポーツも復調
・コナミHD、9月中間のゲーム事業は売上高11%増の986億円、事業利益15%増の358億円と増収増益 侍ジャパン登場で『プロスピA』好調、遊戯王TCGも世界で厚い支持

株式会社カプコン
http://www.capcom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社カプコン
設立
1983年6月
代表者
代表取締役社長 最高執行責任者 (COO) 辻本 春弘
決算期
3月
直近業績
売上高953億800万円、営業利益345億9600万円、経常利益348億4500万円、最終利益249億2300万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
9697
企業データを見る
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
https://www.hd.square-enix.com/jpn/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
設立
1975年9月
代表者
代表取締役社長 松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高3325億3200万円、営業利益472億2600万円、経常利益499億8300万円、最終利益269億4200万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
9684
企業データを見る
コナミホールディングス株式会社
http://www.konami.com/

会社情報

会社名
コナミホールディングス株式会社
設立
1973年3月
代表者
代表取締役会長 上月 景正/代表取締役社長 東尾 公彦
決算期
3月
直近業績
売上高2726億円、営業利益365億円、最終利益322億円(2021年3月期)
上場区分
東証一部(ロンドン証券取引所にも上場)
証券コード
9766
企業データを見る
コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/

会社情報

会社名
コーエーテクモホールディングス株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期
3月
直近業績
売上高603億7000万円、営業利益243億9700万円、経常利益392億9900万円、最終利益295億5000万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3635
企業データを見る
株式会社バンダイナムコホールディングス
http://www.bandainamco.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコホールディングス
設立
2005年9月
代表者
代表取締役社長 川口 勝
決算期
3月
直近業績
売上高7409億0300万円、営業利益846億5400万円、経常利益876億1200万円、最終利益488億9400万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7832
企業データを見る
セガサミーホールディングス株式会社
http://www.segasammy.co.jp

会社情報

会社名
セガサミーホールディングス株式会社
設立
2004年10月
代表者
代表取締役会長 里見 治/代表取締役社長 グループCEO 里見 治紀
決算期
3月
直近業績
売上高2777億4800万円、営業利益65億5300万円、経常利益17億1500万円、最終利益12億7400万円(2018年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
6460
企業データを見る